社員メッセージ

清掃

2003年入社
吉井 肇

清掃業務の良し悪しが、建物管理の評価につながると考えています。また昨今の清掃業は単にきれいにするだけではなく、清潔感、気遣い、言葉遣い、作業態度、コミュニケーションといったクルーの立ち振舞いやマナーが重要視されており、仕事の評価にも含まれています。そのため清掃クルーは全員このような気持ちで仕事に臨むことを心がけており、お客さまからいただく感謝の言葉、評価という共通のゴールに向かって進むような、チームづくりや運営を目指しています。

2019年入社
木村 隆太

清掃をするだけではなくお客さまからのご要望を本社に伝えたり、お客さまにより良い清掃方法の提案なども行っています。「いつもきれいにしてくださってありがとうございます」とのお言葉をいただくことがあり、やりがいを感じています。働き方改革に積極的な会社で、従業員の健康やワークライフバランスへの配慮が高く、家族も参加できるウォーキングイベントなどが開催されています。長く働ける環境を探している方に向いている会社だと思います。

設備管理

1998年入社
小林 裕明

会社が管理する施設の常駐設備員として、毎日各種設備の運転監視および館内巡回点検、不具合対応などを行っています。特に印象に残っている仕事は、東日本大震災後に行った計画停電への対応です。点検で似たような業務は経験済みでしたが、実際に商用電源から非常電源(発電機)の切り替え作業を行うのは初体験だったからです。問題なく電源が移行するかどうか、とても緊張した中で行ったことを今でも思い出します。

2014年入社
西澤 雅俊

約30件の物件を担当しています。自分が提案した改修案件がお客さまに認められ、その後調整を行い、作業が無事終わり建物の利用者に心地よい環境を提供できたときに、達成感とやりがいを感じます。コミュニケーションが活発で風通しがよい会社です。従業員のことを第一に考えてくれる社風で、勤務体系や資格取得支援制度などの福利厚生が充実しています。そのため私は電気主任技術者、建物環境衛生管理技術者といった資格取得を目指しています。

警備

2012年入社
川浪 崇義

印象に残っている仕事は、昼夜問わず出入りが激しい、テナントビルで出入管理業務を担当したときのことです。入居するメーカー、アパレル、飲食、芸能など、さまざまな業界の方と接点を持つことで、それぞれ考え方やニーズが異なること、一人ひとりに寄り添った接客をする必要性を学びました。未経験入社であったため最初は不安でしたが、教育担当者や先輩方のおかげで長く働くことができています。私と同じく未経者は多いですが、役職に就いている方も大勢います。

2015年入社
井沢 泰典

銀行の施設警備をしています。車両の入出庫管理や来訪者の受付業務、施設内の巡回警備などが主業務で、現場をまとめるリーダーでもあります。神経を使う仕事で、特にVIPがお越しになる際には今でも緊張します。一方で何事もなく仕事を終えた1日の終わりに、安心とやりがいを感じています。従業員に対してメンタルケアを行うなど、働きやすい環境を細部にわたり意識している会社です。コンプライアンスの順守も徹底されています。

建築・設備工事

1989年入社
能瀬 章

三井住友銀行の総合ビルメンテナンス会社として、事業を展開していることから、経営基盤が安定しており、また通勤が便利であったこと、転勤がないことなどが魅力で入社を決めました。入社してから30年以上経ちますが、プライベートの時間も取りやすく、安心して働けています。一方でスケールの大きい現場を担当したときは、今でも真新しさを感じています。

2010年入社
大平 正人

現場監督として主に銀行施設の内外装工事や電気・空調設備工事の施工管理をしています。短期間の工事が多いですが、緊急時の不具合対応も行っています。工事が無事終わったときや、工夫しながら進めた工事をお客さまに評価していただいたときに、やりがいを感じます。休暇も取りやすく、労務管理もしっかりしており、ホワイト企業だということを強く感じています。知っていれば、もっと早く入社したと思います(笑)。